ブログ - 水漏れ、水回りのトラブル、洗濯機取り付け工事ならお任せください!

洗濯機 取り付け

洗濯機のかさ上げは意外と難しい!?

2021年08月12日

洗濯機の排水口周りにスペースがない場合は、かさ上げを行うことで問題なく設置できる場合があります。

ただ、かさ上げというのは簡単なように見えて意外と難しい作業となり、自分でやろうとすると失敗してしまったり、時間がかかってしまったりする可能性が高くなります。

この記事を見ている人の中にも、かさ上げを自分でやろうか、業者に依頼しようかで悩んでいる人がたくさんいるでしょう。

そこで今回は、洗濯機のかさ上げの重要性ややり方を解説した後に、自分でやる場合と業者に依頼する場合のメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

 

洗濯機のかさ上げが必要な理由って何?

まずは、洗濯機のかさ上げが重要になる理由について、詳しく解説していきます。

東京都中野区で洗濯機のかさ上げ台設置業者をお探しの方へ

排水ホースをつぶさずに済む

川崎市中原区で洗濯機排水口のつまりを修理してきました

かさ上げを行うことで、排水ホースをつぶさずに設置することができます。

排水ホースというのは、通常洗濯機の真下を通っていることが多く、このホースがつぶれてしまうと、

・水漏れ
・故障

の原因になってしまうのです。

更に、かさ上げを行うことで、排水ホースに高さを持たせられるため、スムーズに排水が行えるようにもなりますし、取り外しもしやすくなります。

横浜市泉区で洗濯機の蛇口の水漏れ修理をしてきました

安定して洗濯機を置ける

川崎市中原区で洗濯機の蛇口の水漏れ修理をしてきました

洗濯機にも様々な種類がありますが、特にドラム式洗濯機はサイズがかなり大きいです。

場合によっては、備え付けの防水パンよりも大きくなってしまうことがあり、こうなってしまうと洗濯機を安定させることができなくなってしまいます。

しかし、かさ上げを行ってから設置をすることで、洗濯機のぐらつきなどを防ぎ、安定して設置できるようになるのです。

 

掃除がしやすくなる

横浜市西区で洗濯機の蛇口の水漏れ修理をしてきました

かさ上げを行うことで、洗濯機の下部に隙間を作ることができますので、掃除を簡単に行いやすくなります。

かさ上げを行っていない場合、洗濯機の隙間に汚れがたまってしまい、ほこりが目立つようになってしまうのです。

こうなってしまうと、見た目的にもあまり気持ちよくはありませんし、排水口が詰まってしまう可能性も高くなります。

かさ上げを行ってから設置をすれば、簡単に洗濯機下部の掃除を行えるようになりますので、排水トラブルを防ぐこともできますし、綺麗な状態を保つこともできるようになるのです。

 

振動を防いでくれる

洗濯機を使っているときに振動にストレスを感じている人はたくさんいるでしょう。

洗濯機の振動には様々なことが関係しているのですが、床との距離が近いことから振動が起こってしまっている可能性も高いです。

かさ上げを行うことにより、洗濯機と床の距離を話すことができるため、振動を防止することができ、快適な生活を送れるようになるでしょう。

また、集合住宅の場合は洗濯機の振動でトラブルに発展してしまうこともありますが、かさ上げを行うことでこのようなリスクも下げられるのです。

 

洗濯機のかさ上げってどうやるの?

次に、洗濯機のかさ上げをする方法について詳しく解説していきます。

東京都足立区で洗濯機のかさ上げ台設置業者をお探しの方へ

自分でかさ上げ台を購入

 

自分でかさ上げ台を購入して取り付けるという方法もあります。

ホームセンターや家電量販店、通販などで専用のかさ上げ台を購入して設置していきます。

様々なタイプのかさ上げ台があるのですが、できるだけ防振性に優れたタイプを選ぶようにしましょう。

 

DIYでかさ上げ

専用のかさ上げ台を購入せずとも、

・木材
・レンガ
・ゴムシート

などを組み合わせることによって、かさ上げ台を作ることもできます。

DIYによってかさ上げ台を作ることができれば、コストを大幅に削減することが可能になるのです。

そのため、自分で工作をするのが得意という人は、DIYでかさ上げを行ってみることをおすすめします。

ただし、DIYでかさ上げ台を作る場合は、強度の高い台を作成しておかないと振動が大きくなってしまったり、洗濯機が倒れてしまったりする可能性が高くなりますので注意が必要です。

このようなリスクを考えると、DIYに自信がない人や、より安全にかさ上げをしたい人はDIY以外の方法でかさ上げをした方が良いと言えるでしょう。

 

業者に依頼する

かさ上げの方法で最も手っ取り早く、確実なのは業者に依頼することです。

業者に依頼することで、知識と技術、それから経験のあるスタッフに作業を行ってもらえるため確実にかさ上げを行うことができます。

ただ、業者に依頼するとなると費用面での不安が出てきますよね。

かさ上げを全て業者に依頼する場合、3万円前後の費用が掛かることがありますが、かさ上げ台だけ自分で用意して、設置だけ依頼をするという方法を取ることで、費用を抑えらえる場合があるのです。

 

洗濯機のかさ上げは自分でやるべき?業者に依頼すべき?

では次に、かさ上げを自分でやる場合と、業者に依頼する場合のメリット、デメリットについて詳しく見ていきましょう。

横浜市鶴見区でドラム式洗濯機の取り付け業者をお探しの方へ

自分でやるメリット

かさ上げを自分で行うことで、費用を抑えることができます。

かさ上げ台を購入するとしても、取り付け費などを抑えることができるため、コストを抑えながら作業をすることができるのです。

中には、

「取り付けを自分でやる代わりに、質の高いかさ上げ台を購入する」

という人もいます。

更に、自分の都合に合わせて作業を行うことができるというメリットもあるのです。

 

自分でやるデメリット

かさ上げを自分で行う場合、

・故障
・ケガ

などのリスクが常に付きまといます。

特に全く知識がない人が見様見真似で作業してしまうと、取り付け後にミスが発覚したり、ケガをしてしまったりする可能性が非常に高くなります。

安易な気持ちでかさ上げを行ってしまい、故障などのトラブルが起こってしまった場合、業者に依頼するよりも高額な費用が発生してしまう場合がありますので注意が必要です。

 

更に、かさ上げというのは意外と難しい作業になりますので、自分ですべて行う場合は、かなりの時間がかかってしまうでしょう。

このようなことから、しばらく洗濯機を使えない状態が続いてしまう場合もあるのです。

 

業者に依頼するメリット

かさ上げを業者に依頼する場合、丁寧且つ確実にかさ上げを行ってくれます。

先ほども解説したように、全てを業者に任せる場合は3万円前後の費用が掛かりますが、防水パンを一緒に交換することもできるため、洗濯機をより安定させやすくなるのです。

更に、丁寧な作業を行ってくれますので、洗濯機や床などを傷つけずに作業を完了させることもできます。

万が一トラブルが起こった場合でも、業者の不手際であれば業者側が親切に対応してくれますので安心です。

他にも、

・排水ホースの接続
・アース線の接続

などを行ってもらうこともできるため、面倒くさい作業や難しい作業を一切行わずに済むのです。

 

業者に依頼するデメリット

かさ上げを業者に依頼する場合、

・費用が掛かる
・スケジュールを調整しなければならない

というデメリットが発生します。

かさ上げ台を用意して、取り付けだけを依頼する場合は比較的費用を抑えることができますが、全て任せるとなるとそれなりの金額になってしまうのです。

金額よりも正確さや速さを重視したいという人にとっては問題ないかもしれませんが、コストを最優先したいという人は躊躇してしまうでしょう。

 

また、繁忙期などは予約が殺到する可能性が高く、自分が希望する日に作業をしてもらえない可能性もあります。

このようなことを防ぐためにも、かさ上げを業者に依頼する場合はできるだけ早く問い合わせをしておくことをおすすめします。

弊社みずさぽでも、洗濯機のかさ上げを行っており、無料で出張見積もりを行いますので、自分でかさ上げをすることに不安を感じている方は是非ご相談ください。

 

まとめ

かさ上げを行うことで、排水ホースをつぶさずに済みますし、洗濯機下部を綺麗に保つことも可能になります。

かさ上げは自分で行うこともできるのですが、簡単そうに見えて意外と難しい作業になりますので、少しでも不安を感じている場合は弊社「みずさぽ」までご連絡ください。

無料お見積もり・無料相談承ります!! 無料お見積もり・無料相談承ります!!

お問合せはこちら

0120-222-041 0120-222-041 営業時間 8:00~19:00
メールでのお問い合わせ

Copyright © 2016 水さぽ All Rights Reserved.

pagetop