ブログ - 水漏れ、水回りのトラブル、洗濯機取り付け工事ならお任せください!

  • ホーム
  • ブログ
  • 洗濯機の設置は業者に依頼すべき?大田区で行った事例3つ

洗濯機 取り付け

洗濯機の設置は業者に依頼すべき?大田区で行った事例3つ

2021年07月28日

洗濯機の設置を自分でやるか、業者に依頼するかで悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、洗濯機の設置を自分で行う場合の手順や注意点を紹介した後に、業者に依頼する場合と自分でやる場合のメリット、デメリットを紹介していきます。

 

洗濯機の設置って自分でもできるの?

結論から言ってしまうと、洗濯機の取り付けというのは手順さえ守れば自分でも行えます。

ただし、ある程度の知識と技術が必要になってくる場合もありますので、自分で取り付ける場合は事前に手順や注意点を確認しておかなければなりません。

 

洗濯機の設置を自分でやる場合の手順とは?

では、洗濯機の設置を自分でやる場合の手順について、詳しく見ていきましょう。

 

1:プラグとアースを取り付ける

まずは電源プラグとアース線を取り付けていきます。

「アース線が何だかわからない」

という人がいるかもしれませんが、これは緑や黄緑色のカバーがついている線のことを指します。

このアース線は、洗濯機から漏れ出た電気を外に流す役割を持っているため、感電を防ぐことができるのです。

アース線を繋げなくても洗濯機を作動させることはできるのですが、感電防止のためにも取り付けが推奨されています。

洗濯機は毎日使うものですから、安全を優先するためにも、取り付けておくことをおすすめします。

 

2:排水ホースの取り付け

次は、排水ホースの取り付けです。

まずは、排水口に設置されているエルボを外し、排水ホースと接続します。

最後に排水エルボを排水口に戻して完了です。

ここで注意すべきなのは、排水ホースの取り付けが正しくできていないと、水が漏れてしまう可能性があるということです。

このようなことを防ぐためにも、ビニールテープなどを巻いて補強しておくことをおすすめします。

 

3:給水ホースの取り付け

給水ホースを取り付ける場合、蛇口側から取り付けるようにしましょう。

スムーズに給水ホースを取り付けることができれば問題ありませんが、場合ウによってはホースの長さが足りずにうまく取り付けられない場合があります。

このような時は、延長給水ホースなどを用意して取り付けるようにしてください。

新しい蛇口の場合は、万が一給水ホースが外れてしまった場合、自動で水が止まるシステムになっています。

しかし、古い蛇口の場合は給水ホースが外れても水が出っぱなしになってしまう可能性がありますので、その場合は「ニップル」という部品を取り付けて、水漏れを防止しましょう。

 

4:試運転をする

ここまでの手順が完了したら、試運転を行います。

・水漏れがないか
・洗濯機がしっかりと作動するか

を確認してから本格的に使い始めてください。

仮に水漏れしてしまう場合や、洗濯機が正しく作動しない場合は、取り付け手順を間違えてしまっている可能性がありますので、原因を調査してから、再度取り付けを行っていきましょう。

 

洗濯機の設置を自分でやる場合の注意点は?

次に、洗濯機の設置を自分でやる場合の注意点について、詳しく解説していきます。

 

設置スペースを確認

洗濯機を自分で設置する場合は、スペースをしっかりと確認してから行うことが大切です。

洗濯機には、

・ドラム式
・縦型
・二層式

など様々な種類があるのですが、それも大きさが異なり、特にドラム式洗濯機は幅を取ります。

仮に設置スペースが十分に確保できない場合、正しく設置できない可能性や、洗濯機のせいでドアが開かなくなってしまう可能性が高くなってしまいますので注意が必要です。

 

蛇口の形状を確認

洗濯機を設置する場所に取り付けられている蛇口は、通常の蛇口とは形状が異なります。

主に、

・万能ホーム水栓
・洗濯機用ワンタッチ水栓
・洗濯機用ストッパー水栓

のどれかが使用されていることが多く、それぞれで取り付け方や特徴が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

設置場所の凹凸を確認

洗濯機を設置する時は、地面に凹凸がないかを確認しなければなりません。

かなり目立つ凹凸がある場合、騒音の原因になったり、激しい振動の原因になったりする場合があるのです。

特にマンションなどの集合住宅の場合は、近隣トラブルに発展してしまう可能性がありますので、しっかりと確認しておきましょう。

少しでも床の形状に不安がある場合は、

・防音マット
・防音シート
・床の補強工事

などを実施してから設置することをおすすめします。

 

洗濯機の設置を自分でやるメリット、デメリットって何?

では、洗濯機の設置を自分でやるメリットとデメリットとは一体何なのでしょうか。

 

メリット

洗濯機の設置を自分でやる場合、費用を大幅に下げることができます。

業者に依頼する場合は、少なからず取り付け費用が発生してしまいますが、自分でやれば工賃や取り付け費用は0円に抑えることができるのです。

また、業者とスケジュールを調整する必要がないため、洗濯機が届いたタイミングで設置をすることも可能になります。

 

デメリット

洗濯機を自分で設置する場合、

・正しく設置できないリスク
・水漏れのリスク

を覚悟しなければなりません。

洗濯機の取り付けに関する知識やスキルがある場合は別ですが、全く経験がない人が見様見真似で取り付けようとすると、失敗してしまう可能性があります。

洗濯機は家電製品ですから、無理に取り付けようとすると故障してしまうこともあるのです。

自分で取り付けをして失敗したとしても、それは100%自分の責任になってしまうため注意しましょう。

 

洗濯機の設置を業者に依頼するメリット、デメリットは?

次に、洗濯機の設置を業者に依頼するメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

メリット

洗濯機の設置を業者に依頼するメリットは、正確に取り付けられるということです。

洗濯機の設置業者というのは、言うまでもなく取り付けのプロです。

これまでにも様々な家に、様々な洗濯機を設置してきているのです。

そのため、正確且つスピーディーに取り付けることができますので、安心して使い始めることができます。

また、業者に設置を依頼することで、わからないことなどを質問することも可能になります。

例えば、

・万が一水漏れした場合の対処法
・故障かなと思った場合に試すべきこと

などを知識のある業者から教えてもらうことができるため、万が一の際も焦らず対処できるでしょう。

 

デメリット

洗濯機の設置を業者に依頼する場合、少なからず費用が掛かります。

そのため、

「できるだけコストを抑えて取り付けをしたい」

と考えている人にとってはデメリットになってしまうかもしれません。

ただ、コストだけを重視してしまうと、洗濯機の故障や水漏れに繋がってしまい、最終的には設置代以上のコストがかかってしまう可能性もあるのです。

このようなことから、洗濯機を取り付ける際は、コストだけではなく取り付けた後のリスクについても考えておかなければなりません。

 

迅速かつ確実に設置したいなら業者に依頼すべき!

洗濯機を迅速かつ確実に設置したいと考えているのであれば、業者に依頼することを強くおすすめします。

弊社水さぽでも洗濯機の取り付けを行っています。

洗濯機の取り付けに関しては、基本料金1,800円(税抜き)~受け付けておりますので、取り付けでお困りの場合はお気軽にご相談ください。

また、水さぽは出張見積もりサービスを無料で行っています。

そのため、

「状況を説明するのが難しい」

「見積りをしてもらってから依頼するか判断したい」

という場合も、お気軽にご連絡ください。

 

まとめ

洗濯機の取り付けは、自分で行うこともできます。

ただし、正しい手順や注意点を守らないと故障や水漏れなどに繋がってし舞うのです。

そのため、洗濯機の取り付け経験がない場合や、取り付け手順に不安を感じている場合は、正確かつスピーディーに取り付けるために業者に依頼することをおすすめします。

「どの業者に依頼すればいいかわからない」

と感じている方は、是非「水さぽ」までご連絡ください。

東京都大田区で行った設置事例3つ

大田区 羽田 S様宅

横浜市保土ヶ谷区で洗濯機の蛇口の水漏れ修理をしてきました

横浜市港北区で洗濯機の蛇口の水漏れ修理をしてきました

 

 

大田区羽田にて取り付けのご依頼を頂き対応させて頂きました。お客様は江東区からお引っ越しされてきたとのことでした。引っ越し後に洗濯機を使おうとしたところ、設置が出来ていない状態でした。すぐに使いたいとのことでもちろん即日対応させて頂きました。比較的良くあるオーソドックスなタイプの洗濯機でした。

しかし、水が出てこないとお客さまから言われたので、確認すると水栓の先に四つネジニップルを繋いでいました。止水弁付きの蛇口には基本的に四つネジニップルは必要ありません。

ニップルを外してそのまま給水ホースを接続して完了です。

大田区 田園調布 K様

洗濯機の設置は業者に依頼すべき?大田区で行った事例3つ

洗濯機の設置は業者に依頼すべき?大田区で行った事例3つ

大田区の田園調布にて行った設置事例です。お客様は横浜市からお引っ越しされてきたとの事でした。引っ越し業者が設置はやってくれなかったとのことで当社にご依頼頂きました。

今回はドラム式洗濯機の取り付けです。以前、排水溝が詰まってしまい水漏れ事故を起こした経験があったとのことで排水溝をマメに掃除出来る様にして欲しいとの事だったので10cmのかさ上げ台の設置をしました。排水溝が手前にあるのでこれでお掃除も楽々です。

大田区 多摩川 O様

洗濯機の設置は業者に依頼すべき?大田区で行った事例3つ

洗濯機の設置は業者に依頼すべき?大田区で行った事例3つ

今回は洗濯機を買い換えたお客様の事例です。以前使っていたのが海外製のドラム式洗濯機で備え付けのビルトインタイプでした。しかし、故障してしまいアイリスオーヤマのドラム式洗濯機の買い換えられたとの事でした。。

一つ問題だったのが排水溝が塩ビパイプで長く、このまま排水ホースを取り付ける事が出来ない状態でした。そこで、塩ビパイプを切断して排水がスムーズに流れるようにサイズを調整して取り付けしました。

無料お見積もり・無料相談承ります!! 無料お見積もり・無料相談承ります!!

お問合せはこちら

0120-222-041 0120-222-041 営業時間 8:00~19:00
メールでのお問い合わせ

Copyright © 2016 水さぽ All Rights Reserved.

pagetop